山口大学経済学部・大学院経済学研究科

山口大学
English / Japanese
経済学科概要
学科・教員紹介へ戻る

経済学科

 経済学科は、経済社会の基本的な骨組みを学び、グローバル社会に貢献しうる実践的な経済人を育成するための学科です。現実の経済社会現象は複雑であり、それらが抱えるさまざまな問題は多面的な因果関係を持っています。経済学の理論・政策・歴史・思想を体系的に学ぶことで、グローバルな視点から経済社会における現象を解明し、法則性を見いだすことができれば、卒業後もあらゆる場面で活躍できます。
 「景気が良くなったり悪くなったりするのはなぜ?」「なぜ東アジアに世界の注目が集まるの?」「グローバル化って具体的にどういうこと?」こうした経済に関する身近なテーマや素朴な疑問を深く、広い視点から勉強する場が経済学科です。経済学科で勉強すると、日本や世界経済の動き、世の中を理解するために必要な知識・分析力を身につけることができます。そしてその知識・分析力は、社会人としての「幅」となり、皆さんの将来にきっと役立つでしょう。また、公務員試験に関係する授業内容が多いことも経済学科の特徴の1つです。
 経済学科で提供されているのは、学部専門教育全体の基盤となるミクロ経済学やマクロ経済学、政治経済学、社会政策、財政学、金融経済、労働経済、地域福祉、ジェンダー論、経済史、経済統計、国際経済、国際金融、国際協力などです。