ご挨拶

未来を構想し生き抜く

経済学部長・経済学研究科長 成富 敬

個人、家族、企業、国あるいは世界にとって、どのような未来が到来するかは死活問題です。しかし未来は文字どおり未だ来ていない時間であり、知る術はありません。では、仮に十年後あるいは二十年後を想定し、“過ぎ去った未来”としての十年間あるいは二十年間を振り返るとき、歴史の糸はどのように紡がれているのでしょうか。

古代エジプトにおいて天体の位置を測る術が発達したのは、ナイル川の氾濫があったからだと言われています。収穫物を洪水から守り生き延びるために、人々は長い年月をかけて知識を蓄え、さらに受け継いだ道具や方法に改良を加えました。その結果、天体の位置とナイル川の氾濫との間に何らかの関係があるのではないかとの予想のもと次第に因果関係が明らかになり、氾濫の予測や社会の未来を構想することが可能になりました。

現代社会では、ヒトやモノそしてカネが様々に絡み合って複雑な社会現象を引き起こしており、個人、家族、企業、国あるいは世界の別無く、今、掲げるべき灯を見極め未来に向けた種をまくこと、そして疾風に勁草たる気概を持って生き抜くことが求められています。この気概をもって本学部は、一貫して新しいことに挑戦する勇気を示してきました。例えばここ十数年間に限っても、学部では、平成16年に少数精鋭の職業会計人コースを設置し、難関の国家資格である公認会計士や税理士に合格者を輩出してきました。また平成17年には国の観光立国という戦略的政策を踏まえ、国立大学では唯一の観光政策学科を設置し社会の要請に応えてきました。さらに大学院では、戦略性をより明確に打ち出すべく、平成14年に全ての授業を英語でおこなう公共管理コースを設置し、バングラデッシュやインドネシアをはじめとするアジア諸国の留学生を受け入れてきました。修了生は帰国後、母国の公的な機関を中心に指導的役割を担っています。また、平成21年には医療・福祉施設におけるマネジメントに秀でた人を育てる医療・福祉経営コースを設置し、修了生は地域医療・福祉の分野で活躍しています。新しいことにチャレンジすることで将来の選択肢を増やしてきたことが本学部の特徴です。

この度、二百年の伝統の強みを活かしつつ来るべき時代の要請を予測し、現在の5学科1課程1コースから3学科5コース体制へ移行しました。この新しい取り組みでは、「公」と「国際」感覚を持ち課題挑戦力や未来構想力を備えたグローバル人材の養成、法学的知識及び素養を持った実践的経済人の養成、学生や社会のニーズを踏まえ本学部の歴史や強みを活かす新たなコースの導入、そして学生が現実の課題に挑戦し自分や社会の未来を構想し始めるきっかけとなる教育プログラムの導入を決めました。具体的には、平成27年4月からの移行に伴い、経済学科、経営学科、観光政策学科の3学科体制の基、職業会計人コースに加えて、英語による授業を取り入れる公共管理コース、さらに企業法務コース、観光政策分析コース、そして観光コミュニケーションコースを、また教育プログラムとして公務員プログラム、東アジア経済プログラム、医療経営プログラムそしてグローバル人材プログラムを構想し未来への布石とします。

山口大学経済学部は江戸時代末期の1815年(文化12年)、長州藩の碩学上田鳳陽が開いた山口講堂をその揺籃とし、1905年(明治38年)の山口高等商業学校創設を経て今に至る二百年の歴史を受け継いでいます。先人たちは受け継いだものに時代のエッセンスを加えて荒波を乗り越え、必死の思いで未来への扉を開いてきました。これまで送り出してきた2万人近くの卒業生は各界で主導的な役割を果たしています。平成22年からは本学部の同窓会組織である鳳陽会による寄附講座が開設され、後輩にぜひ日本や世界を担う必要とされる人になって欲しいという熱い思いのもと、多様な視座が求められる時代の心構えや企業経営等、実務経験に基づいた貴重なノウハウが後輩に引き継がれています。

山口大学経済学部との絆は、皆さんが受け継いできたものを活かすための知識や方法をもたらし、未来へと連なる糸を自らの力で紡ぐことを可能にするでしょう。

経済学部ではTwitterやFacebook等のSNSを運用していません。
学部からの連絡は、必ず当ホームページや学内の掲示を確認して判断してください。

ディプロマ・ポリシー
カリキュラム・ポリシー
アドミッション・ポリシー

経済学部では,日本出版販売株式会社,株式会社文榮堂とともに「文榮堂×山口大学 地方創生プロジェクト」を開始いたしました。

トピックス
9月から経済学部に准教授として赴任したアケミク・キュチュク・アリです。経済学部で東アジア経済論と経済発展論を担当させていただきます。

出身はトルコの中東工科大学です。2000年か...>>つづき
職業会計人コース便り
11月22日(水)12時から経済学部長室において、学部長の出席のもと、11月11日に開催された「2017年度秋季全国対抗簿記大会」(主催:大原学園、後援:イタリア大使館、日本公認会計士協会、東京税理士会)表彰式を行...>>つづき
経済学部・経済学研究科

附属施設
企業・卒業生の方へ

社団法人鳳陽会(同窓会)

図書館
メディア基盤センター
埋蔵文化財資料館
(C)2011 Faculty of Economics,Yamaguchi University.All Rights Reserved.