沿 革

建学の祖 上田鳳陽

上田鳳陽先生は、回天の雄藩長州にあって山口講堂を興し、もって旧山口高等商業学校、今日の山口大学経済学部の礎を築いた建学の祖です。
上田鳳陽と経済学部の歴史
1769年
・上田鳳陽、萩藩士 宮崎猪兵衛在政の三子として生まれる
1800年
・上田鳳陽、藩校「明倫館」に入る
1815年
上田鳳陽、中河原に私塾「山口講堂」を創設(現 山口大学経済学部)
1841年
・上田鳳陽、藩主 毛利敬親の命により「風土注進案-山口宰判の部」を著す
1845年
・「山口講堂」から「山口講習堂」へ改称
1853年
・12月8日 上田鳳陽 逝去(享年85歳)
1861年
・学舎を亀山の東麓(現在の県立美術館位置)へ移転
1863年
・「山口講習堂」から「山口明倫館」へ改称
1870年
・「山口明倫館」から「山口中学校」へ改称
1886年
・中学校令の公布により「山口高等中学校」へ改称
1894年
・高等学校令の公布により「山口高等学校」へ改称
1905年
・全国3番目の官立実業専門学校「山口高等商業学校」として設立
1916年
・「山口高等商業学校東亜経済研究会」が発足(現 東亜経済研究所)
1921年
・「山口高等商業学校東亜経済研究会」を「山口高等商業学校調査部」へ改組
1933年
・「山口高等商業学校調査部」を「山口高等商業学校東亜経済研究所」へ改組
1944年
・「山口高等商業学校」から「山口経済専門学校」へ改称
1946年
・終戦により「山口高等商業学校東亜経済研究所」が一時閉鎖
1949年
・国立学校設置法の施行により「山口大学経済学部」へ改組
・閉鎖された「山口高商東亜経済研究所」に代わり「山口大学経済学部調査室」として研究活動を再開
1957年
・「山口大学経済学部東亜経済研究所」が復活
1975年
・「山口大学大学院経済学研究科(修士課程)」設置
1977年
・「国際経済学科」設置
1980年
・「経済法学科」設置
1995年
・「商品資料館」竣工
2001年
・「山口大学大学院東アジア研究科(博士課程)」設置
2004年
・「職業会計人コース(経営学科)」設置
2005年
・「観光政策学科」設置
2008年
・「東亜経済研究所(山田孝太郎記念館)」竣工
2009年
・「医療・福祉経営コース(企業経営専攻)」設置
2015年
・「経済学科(公共管理コース)」,「経営学科(職業会計人コース・企業法務コース)」,「観光政策学科(観光経済分析コース・観光コミュニケーションコース)」の3学科5コースへ改組
※国立大学法人法等の施行により2004年から国立大学法人山口大学経済学部へ

経済学部ではTwitterやFacebook等のSNSを運用していません。
学部からの連絡は、必ず当ホームページや学内の掲示を確認して判断してください。

ディプロマ・ポリシー
カリキュラム・ポリシー
アドミッション・ポリシー

トピックス
5月12日(金),平成29年度上田鳳陽賞の表彰式が行われ,12名の学生が表彰されました。
学部長より「みなさんが受賞された上田鳳陽賞は,江戸時代に山口大学創立の基である「山口講堂」...>>つづき
職業会計人コース便り
2月14日に 職業会計人コース所属の1年生で新日本有限責任監査法人福岡事務所見学とトヨタ自動車の宮田工場見学を実施しました。宮田工場見学では、最後の工程の組み立てラインを案内していただきました。実際の現...>>つづき
現在までの合格者数
フィリピン留学の感想
経済学部・経済学研究科

附属施設
企業・卒業生の方へ

社団法人鳳陽会(同窓会)

図書館
メディア基盤センター
埋蔵文化財資料館
(C)2011 Faculty of Economics,Yamaguchi University.All Rights Reserved.