ディプロマ・ポリシー

山口大学経済学部では、自ら問いを見いだし、解決の方策を探る能力を持ち、世界や社会に貢献し得る実践的経済人を養成することを目的としており、所定の期間在学し、所定の単位を修得し、学部規則に定める要件を満たし、以下の知識や能力を身に付けた学生に「学士(経済学)」の学位を授与します。
・基盤となる諸知識を修得し、自ら問いを見出す能力
・情報を収集したり情報を活用したりする技能
・解決の方策を探究したり、あるいは自ら進むべき道を模索したりすることのできる能力
・探究や模索の結果得られた知見や考えを、広く人に伝え生かす能力
・社会や世界に貢献するための基盤となる、英語等によるコミュニケーション能力


■経済学科
経済学科では、多面的な因果関係を持つ経済社会現象を解明し、法則性を見いだすことのできる人材及び国際経済の展開に伴って生じる諸問題を理解し、解決を見通しながら、国際経済システム、国際協力、東アジア経済などの分野で社会に貢献できる人材を養成することを目的としています。

【経済の領域を中心に学ぶ学生(経済の仕組みを理解し社会で活躍する人材)】
1.
ミクロ経済学、マクロ経済学などの基礎的な経済理論を理解し、計量的な分析によって応用する能力
2.
経済政策、政府の財政活動、金融経済、地域経済の理論と現実的な問題を理解し分析する能力
3.
労働経済や社会保障を含めた社会経済の現状と社会経済の歴史的変遷を理解し分析する能力

【国際経済の領域を中心に学ぶ学生(グローバルな社会で活躍する人材)】
1.
国際貿易、国際金融、国際運輸などの国際経済システムを理論的に理解する能力
2.
欧米を中心とした国際関係と、途上国を中心とした経済発展、及び国際協力の現状を分析する能力
3.
中国、韓国をはじめとした東アジア近隣諸国の経済・社会・歴史について分析する能力

【公共管理コース】
1.
基本的な経済理論を理解し、グローバル化した社会の現状を分析する能力
2.
国際公共管理、国際協力や東アジア経済について理解し、現状を分析する能力
3.
グローバル化した社会で実践的な経済人として活躍するためのコミュニケーション能力


■経営学科
経営学科では、経営的知識及び素養を持った実践的経済人を養成することを目的としています。「発見し・はぐくみ・かたちにする」を体現する企業人材を育成します。そのためにまず、自ら問いを見出し、見出した問いを自らの中に育んで解決の方策を探求し、また自ら進むべき道を模索することができることを教育目的とします。そのうえで、得られた知見や考えを生かす能力を涵養することで、世界と社会に貢献する実践的な経済人を育んでいきます。具体的には、企業行動に伴って生起する諸問題を理解し、解決に至る道筋を考える基礎学力を付与することで、経営、情報、会計、流通分野や、企業法務分野で社会に貢献できる人材育成を目指します。

1.
経営分野では、経営経済、経営史、企業行動、経営管理に関する諸問題を理解する能力
2.
情報分野では、経営問題を数理モデルによって理解する能力
3.
会計分野では、企業の経済活動の計画・結果を計数的に把握する能力
4.
流通分野では、商品自体や商品の流通・マーケティング、保険の活動に関わる諸問題を理解する能力

【職業会計人コース】
経営学科職業会計人コースでは経営的知識及び素養を持った実践的経済人を養成することを目的としています。「発見し・はぐくみ・かたちにする」を体現する企業人材を育成します。自ら問いを見出し、見出した問いを自らの中に育んで解決の方策を探求し、また自ら進むべき道を模索することができることを教育目的とします。特に、公認会計士・税理士資格に関する高度な会計・税務の専門知識を有することを重視します。

1.
監査、税務、会計等の専門知識を有し、それを実践できる能力
2.
職業会計人として社会に貢献できる能力

【企業法務コース】
経営学科企業法務コースでは法学的知識及び素養を持った実践的経済人を養成することを目的としています。

1.
国家や人権、市民生活に関する法的諸制度や理論、問題状況について理解し、分析し対処しうるための基礎知識や、それを応用する能力
2.
企業や経済に関する法制度やその運用、直面する問題状況を理解し、分析し対処しうるための基礎知識や、それを応用する能力
3.
社会生活における法制度、理論を理解し、分析し対処しうる、特に少数者、弱者の利益に配慮することに関する基礎知識や、それを応用する能力
4.
公行政に関する法制度や理論、政治に関する諸状況や理論について理解、分析し対処しうる基礎知識や、それを応用する能力


■観光政策学科
観光政策学科では、観光活動を科学的に分析する手法を学び、観光資源の開発、有効利用など観光政策に関する諸問題を実践的に解決できる人材及び多言語を駆使したコミュニケーション能力を有し、観光立国を目指す我が国に必要とされる人材の育成を目指します。

【観光経済分析コース】
1.
観光経済の動向や構造を正確に分析する能力
2.
分析結果を現実の観光経済政策に応用できるようにする実践力

【観光コミュニケーションコース】
1.
観光コミュニケーション能力を養成するための知識と技能
2.
観光コミュニケーション能力を発揮してグローバルな人的交流等を実践するための社会的活動能力


経済学部ではTwitterやFacebook等のSNSを運用していません。
学部からの連絡は、必ず当ホームページや学内の掲示を確認して判断してください。

ディプロマ・ポリシー
カリキュラム・ポリシー
アドミッション・ポリシー


トピックス
9月から経済学部に准教授として赴任したアケミク・キュチュク・アリです。経済学部で東アジア経済論と経済発展論を担当させていただきます。

出身はトルコの中東工科大学です。2000年か...>>つづき
職業会計人コース便り
平成29年8月2日に日本商工会議所主催の第146回日商簿記検定試験1級(平成29年6月12日実施)の発表があり、3年生2名が合格し9月6日に学部長に報告し、懇談しました。合格率は8.8%、職業会計人コースでは暫定ですが...>>つづき
経済学部・経済学研究科

企業・卒業生の方へ

社団法人鳳陽会(同窓会)

図書館
メディア基盤センター
埋蔵文化財資料館
(C)2011 Faculty of Economics,Yamaguchi University.All Rights Reserved.