カリキュラム・ポリシー

山口大学経済学部は、自ら問いを見いだし、解決の方策を探る能力を持ち、世界や社会に貢献し得る実践的経済人を育成するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。
1.
学生の課程・履修段階による区分として、科目を共通教育(教養教育)科目、専門基礎科目、基幹科目及び展開科目で構成し、科目間の履修順序関係を樹状構造化することにより、達成度に応じた段階・体系的順序履修を保証します。具体的には、授業科目を「基盤科目」、「総論科目」、「各論科目1」、「各論科目2」及び「演習科目」に類型し、履修制限を設けます。
(1)
共通教育科目は、一般教養教育並びに大学専門への移行準備の科目であり、「教養コア系列」、「英語系列」、「一般教養系列」、「専門基礎系列」から成ります。
(2)
専門基礎科目は、ミクロ経済学I、マクロ経済学I、法学I、法学II、簿記1の「学部基盤科目」で構成されており、所属学科を問わず学部学生全員必修の経済学部教育の基礎となる科目です。
(3)
基幹科目は、専門基礎科目で培われた経済学の基礎学力を用いて、各学科を構成する基幹分野及び一般語学科目の主要科目を学習目的の必要に応じ選択して学び、経済学部生が基準としてもつべき学力を養うとともに、各学科の展開科目教育への円滑な導入を図るための科目です。
(4)
展開科目は、前記(1)〜(3)の教育を背景に、学生の進路等に応じて各学科のねらいとする人材育成に必要な専門的な知識、能力を教授する科目です。
(5)
専門教育科目を、教育内容面から4つの科目群(学部基盤科目群、教育研究分野別学科科目群、学部共通(一般・外国語)科目群、演習等科目群)で構成します。
2.
学生の自主的な選択による区分として、科目を、選択ができない必修科目と選択必修科目で構成し、選択必修科目を設定することによって学生が自らの目標に向かって自ら考え、行動できる体系的な履修を保証します。
(1)
必修科目は、専門基礎科目と基幹科目で構成され、これらの科目は経済学部教育の基礎となる科目、各学科教育の基礎となる科目です。このほか、必修科目には学部共通科目(演習等科目)の演習I、演習II、卒業論文演習があり、これらの科目は専門基礎科目や基幹科目で培われた各学科の知識の上に設定される必修科目で、3年間にわたって学生が自ら考え、行動(研究と発表)し、形にする(卒業論文の完成)科目です。
(2)
選択必修科目は、展開科目と自由科目で構成され、自由科目は学生の多様なニーズに応え、学生が自らの目標に向かって自ら考え、行動(選択と履修)する科目です。




■経済学科
経済学科では、経済に関する理論、歴史、制度、思想を総合的に学び、それらをグローバル展開できる国際感覚を持ちながら、経済上の諸問題を実践的に解決する能力を身に付けた人材を育成するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。
教育課程・教育内容
1.
基幹科目は経済学及び国際経済の分野に属する、政治経済学I、国際経済学、国際マクロ経済学とします。これらは専門基礎科目で培われた経済学の基礎知識の上に設定された学科必修科目で、経済学科教育の基礎となる科目です。
2.
展開科目として、多種多様な授業科目を提供します。経済学分野の領域を幅広くかつ体系的に学習する学生のため、2つの履修の指針(経済の領域を中心に学ぶ学生向け及び国際経済の領域を中心に学ぶ学生向け)を示します。
2−1.経済の領域を中心に学ぶ学生について、展開科目は、学生の進路等に応じて経済学科のねらいとする人材育成に必要な専門的な知識、能力を教授する科目であり、理論、歴史、制度、思想を含む演習等科目から構成されます。最新の調査研究成果を活用して経済を検証的に分析するための展開科目(経済統計学、計量経済学等)も設置されます。
2−2.国際経済の領域を中心に学ぶ学生について、展開科目は、国際経済システム分野、国際協力分野および東アジア経済分野から構成されます。国際経済システム分野において学生は国際経済学や国際金融論、さらには国際投資論などの国際経済に関する理論を深く学びます。国際協力分野では国際関係論、現代世界経済論、国際協力論などを通じて国際関係や国際協力の在り方を理論的実証的に学びます。東アジア経済分野では東アジア経済論、韓国経済論、中国経済論などを通じて成長率の高い地域として注目されている東アジア地域について学びます。
3.
課題を発見するだけでなく併せてその課題を解決に導くための道筋を示すプレゼンテーション能力を磨く学生のために演習等科目(演習I・II)を置き、経済上の諸問題を実践的に解決する能力を身に付けた人材の育成を目指します。
4.
私企業だけでなく、公共管理においてもリーダーとなる人材を育成すべく、英語で行われる講義(国際公共管理論等)を必修とした公共管理コースを設置しています。

教育方法
1.
学生の主体的学びを推進するために、アクティブ・ラーニングを導入します。
2.
修得した知識・情報を自ら活用できる人材を育成するために、課題解決型科目を提供します。
3.
世界や地域に貢献し得る人材を育成するために、フィールドワークを含む実践的教育を行います。

学修成果の評価
1.
試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。
2.
4年間の学修成果は、4年次までの履修科目及び卒業論文演習を通じて修得する、考え、行動し、形にする能力によって総括的に評価します。

【公共管理コース】
教育課程・教育内容
1.
基幹科目は、政治経済学I、国際経済学、国際マクロ経済学という、専門基礎科目で培われた経済学の基礎知識の上に設定された学科必修科目に加え、国際公共管理論(英語で行われる講義)と経済政策総論で構成されています。
2.
展開科目は、私企業だけでなく、公共管理においてもリーダーとなりうる国際感覚を身に付けた人材を育成すべく、経済学と国際経済学の両分野に渡る科目によって構成されており、理論、現状分析、政策を総合的に学ぶための科目です。
3.
実践的なコミュニケーション能力の養成に配慮し、留学希望者には、留学者選考時の優先順位を上げることで、短期を含めた留学のチャンスを与えます。

教育方法
1.
学生の主体的学びを推進するために、アクティブ・ラーニングを導入します。
2.
修得した知識・情報を自ら活用できる人材を育成するために、課題解決型科目を提供します。
3.
世界や地域に貢献し得る人材を育成するために、フィールドワークを含む実践的教育を行います。

学修成果の評価
1.
試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。
2.
4年間の学修成果は、4年次までの履修科目及び卒業論文演習を通じて修得する、考え、行動し、形にする能力によって総括的に評価します。



■経営学科
経営学科では、企業行動に伴って生まれる諸問題を理解し、解決に至る道筋を考える基礎的な力を身に付け、経営、情報、会計、流通分野や、企業法務分野で社会に貢献できる人材の育成を目指していることから、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。
教育課程・教育内容
1.
基幹科目は、経営学系列の経営学総論、経営組織論、マーケティング論の6単位を「その他の必修」として設定します。学部基盤科目である簿記1と合わせて、経営、会計、流通分野の基礎科目を必修化することにより、経営学の基礎の修得を目指します。
2.
また、「選択必修科目」38単位のうち、経営管理論や流通論などの経営学系列から24単位以上を選択必修とし、専門性の高い経営学の修得を目指します。
3.
高い経営学の知識を有するだけでなく、その知識を活用して現実の問題を構造的に把握し、課題を明確にし、解決を導くための道筋を個人またはグループで討論し、その内容を適切にプレゼンテーションできる実践力を磨くために、演習等科目(演習I・II・卒業論文演習)を必修科目とします。こうした理論と実践を結び付ける訓練を通じて、環境変化に柔軟に対応できる実践的経済人の育成を目指します。

教育方法
1.
学生の主体的学びを推進するために、アクティブ・ラーニングを導入します。
2.
修得した知識・情報を自ら活用できる人材を育成するために、課題解決型科目を提供します。
3.
世界や地域に貢献し得る人材を育成するために、フィールドワークを含む実践的教育を行います。

学修成果の評価
1.
試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。
2.
4年間の学修成果は、4年次までの履修科目及び卒業論文演習を通じて修得する、考え、行動し、形にする能力によって総括的に評価します。

【職業会計人コース】
ビジネスを理解する能力の育成と資格取得の両立を目標とする職業会計人コースは、公認会計士を目指す「会計専攻」と税理士を目指す「税務専攻」を備えています。本コースの学生はそれぞれの資格取得を目指しながら大学の授業や演習を履修します。

教育課程・教育内容
1.
共通教育科目、「学部基盤科目」は、経済学部において、学習を進める上で基盤となる科目です。職業会計人コースの学生はそれ以外の学生と同様にこれらを履修します。
2.
「学部共通科目(演習等科目)」は、担当教員やゼミメンバーとの討論などを通じて、専門的知識を修得していく科目であり、経済学部も重視しています。職業会計人コースの学生もこれを履修します。
3.
公認会計士や税理士という専門性の高い資格を目指すことから、コース所属の学生に課される必修科目(学部専門科目である「その他の必修科目」)は、簿記分野科目を中心に設定されています。
4.
資格取得の科目のみではなく、学部専門科目である「選択必修科目」の履修を通じて、ビジネスを理解する力も育成します。

教育方法
1.
学生の主体的学びを推進するために、アクティブ・ラーニングを導入します。
2.
修得した知識・情報を自ら活用できる人材を育成するために、課題解決型科目を提供します。
3.
世界や地域に貢献し得る人材を育成するために、フィールドワークを含む実践的教育を行います。

学修成果の評価
1.
試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。
2.
4年間の学修成果は、4年次までの履修科目及び卒業論文演習を通じて修得する、考え、行動し、形にする能力によって総括的に評価します。

【企業法務コース】
経営学科企業法務コースでは、法学的知識及び素養を持った実践的経済人を養成するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。

教育課程・教育内容
1.
基盤科目である「法学I」及び「法学II」を履修し、法学の基礎知識・基礎力を身に付け、実社会における自らの法的位置付けができるように訓練します。また、「ミクロ経済学I」、「マクロ経済学I」及び「簿記1」を履修し、企業活動や経済に関する基礎知識を修得すること、さらに、情報リテラシーや英会話を含む多様な共通教育科目を履修することにより、幅広い教養と実践的語学力を身に付けた学生を育成します。
2.
専門総論科目・専門各論科目である「憲法」、「民法」、「刑法」、「商法」、「経済法」、「社会法」、「税法」、「行政法」、「知的財産法」、「刑事訴訟法」、「民事訴訟法」などの履修を通じて、法学の知識と技能を定着させます。加えて、演習I・IIにおいて、法学の知識と技能を応用する実践的トレーニングの機会を提供します。
3.
演習科目である卒業論文演習を通じて学生は卒業論文を執筆し、法学の体系的理解及び応用力の完成を目指します。

教育方法
1.
学生の主体的学びを推進するために、アクティブ・ラーニングを導入します。
2.
修得した知識・情報を自ら活用できる人材を育成するために、課題解決型科目を提供します。
3.
世界や地域に貢献し得る人材を育成するために、フィールドワークを含む実践的教育を行います。

学修成果の評価
1.
試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。
2.
4年間の学修成果は、4年次までの履修科目及び卒業論文演習を通じて修得する、考え、行動し、形にする能力によって総括的に評価します。



■観光政策学科
観光政策学科では、観光活動を科学的に分析する手法がわかり観光政策に関する諸問題(観光資源の開発、有効利用など)を実践的に解決できる人材及び多言語を駆使できる高いコミュニケーション能力をもち観光立国を目指す我が国に必要とされる人材をそれぞれ育成するため、以下の方針に沿って教育課程を編成します。
教育課程・教育内容
1.
観光経済分析コースと観光コミュニケーションコースを含む観光政策学科の基幹科目は、観光政策概論、観光経済学、観光コミュニケーション、異文化コミュニケーション論とします。
2.
展開科目として、多種多様な授業科目を提供し、学生に対して、観光経済、観光ビジネス、観光と環境、観光文化交流や各種文化論等の分野及び外国語を幅広く学ぶことを促します。同時に、これらを体系的に学修するために、観光経済分析コースの指針と、観光コミュニケーションコースの指針を示します。
3.
観光に関連する課題を発見・分析する能力の開発育成を目指します。それに加えて、観光分野には必要不可欠である、観光資源提供者と生活圏外の来客の間の総合的コミュニケーションを円滑にし、前者への政策立案等、後者への目的地プロモーションを行うためのプレゼンテーション能力を磨くことを目標とします。併せて実習を通してこれらの能力を向上させるために、演習等科目(演習I・II)に加えて、国内観光関連組織での体験学習を含むプロジェクト演習と海外演習を含む海外プロジェクト演習を設置し、観光産業関連の諸問題を実践的に解決する能力を身に付けた人材の育成を目指します。
4.
民営企業だけでなく、公共機関においてもリーダーとなる人材を育成すべく、英語コミュニケーション能力育成も特色の1つとしています。

教育方法
1.
学生の主体的学びを推進するために、アクティブ・ラーニングを導入します。
2.
修得した知識・情報を自ら活用できる人材を育成するために、課題解決型科目を提供します。
3.
世界や地域に貢献し得る人材を育成するために、フィールドワークを含む実践的教育を行います。

学修成果の評価
1.
試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。
2.
4年間の学修成果は、4年次までの履修科目及び卒業論文演習を通じて修得する、考え、行動し、形にする能力によって総括的に評価します。

【観光経済分析コース】
教育課程・教育内容
1.
基幹科目は、観光政策概論、観光経済学、観光産業総論、環境経済学で構成され、これらの科目は専門基礎科目で培われた経済学の基礎知識の上に設定されています。またこれらの科目では、観光産業及び経済の特徴並びに行政政策及び環境の深い関係を理解させ、観光経済の持続可能な発展のために、現時点での観光活動に見られる矛盾を分析することを目的とし、観光資源の維持や有効利用などを含めた観光政策を検討するための基礎科目です。
2.
展開科目として観光経済を検証的に分析するための科目(観光統計学、観光政策評価論、観光管理会計)を設置します。
3.
展開科目は、学生の進路等に応じて観光政策学科のねらいとする人材育成に必要な専門的な知識、能力を育成する科目であり、旅行契約、ヘルスツーリズム、エコツーリズム、自然や地理についての知識とそれを実践的に活用する能力を養う科目から構成されます。

教育方法
1.
学生の主体的学びを推進するために、アクティブ・ラーニングを導入します。
2.
修得した知識・情報を自ら活用できる人材を育成するために、課題解決型科目を提供します。
3.
世界や地域に貢献し得る人材を育成するために、フィールドワークを含む実践的教育を行います。

学修成果の評価
1.
試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。
2.
4年間の学修成果は、4年次までの履修科目及び卒業論文演習を通じて修得する、考え、行動し、形にする能力によって総括的に評価します。

【観光コミュニケーションコース】
教育課程・教育内容
1.
基幹科目は、観光コミュニケーション、異文化コミュニケーション論、観光文化心理で構成されています。観光客との人的交流は観光に不可欠であるため、グローバルな発想と語学力をベースにした、観光交流の発展を視野に入れた人的交流能力、すなわち観光コミュニケーション能力の向上のために、主に語学、観光文化・心理、社会コミュニケーションなどの知識とスキルを、学生は基幹科目で学びます。
2.
展開科目は、海外プロジェクト演習、日本文化・宗教論、中国社会文化論、英米文化論、山口の歴史と文化から構成されます。海外プロジェクト演習では台湾・香港・グアムなどで研修を行い、海外での観光事情と日本の観光事情との比較分析を通して、実践的問題解決ができる学生の能力を育成します。「日本文化・宗教論」「中国社会文化論」「英米文化論」ではそれぞれの文化圏の特徴と観光資源への展開・活用・伝達方法について教授します。

教育方法
1.
学生の主体的学びを推進するために、アクティブ・ラーニングを導入します。
2.
修得した知識・情報を自ら活用できる人材を育成するために、課題解決型科目を提供します。
3.
世界や地域に貢献し得る人材を育成するために、フィールドワークを含む実践的教育を行います。
4.
能動的な自学自習を促進するために、オンライン教材を利用します。

学修成果の評価
1.
試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。
2.
4年間の学修成果は、4年次までの履修科目及び卒業論文演習を通じて修得する、考え、行動し、形にする能力によって総括的に評価します。


経済学部ではTwitterやFacebook等のSNSを運用していません。
学部からの連絡は、必ず当ホームページや学内の掲示を確認して判断してください。

ディプロマ・ポリシー
カリキュラム・ポリシー
アドミッション・ポリシー

トピックス
5月12日(金),平成29年度上田鳳陽賞の表彰式が行われ,12名の学生が表彰されました。
学部長より「みなさんが受賞された上田鳳陽賞は,江戸時代に山口大学創立の基である「山口講堂」...>>つづき
職業会計人コース便り
平成29年公認会計士試験第恐鹵仕式試験(5/28)の合格発表がありました。

平成29年6月23日に公認会計士・監査審査会より平成29年公認会計士試験第恐鹵仕式試験の合格発表があり、4...>>つづき
経済学部・経済学研究科

企業・卒業生の方へ

社団法人鳳陽会(同窓会)

図書館
メディア基盤センター
埋蔵文化財資料館
(C)2011 Faculty of Economics,Yamaguchi University.All Rights Reserved.