ディプロマ・ポリシー

山口大学大学院経済学研究科では、経済社会の活動に伴って生起する諸問題を認識し、それらを解決するための具体的な方法を考え出すことができる高度専門職業人等を養成することを目的としており、所定の期間在学し、所定の単位を修得し、本研究科の人材養成目的に適う、以下の知識・能力を身につけた上で、学位論文及び最終試験に合格した者に「修士(経済学)」の学位を授与します。


■経済学専攻
1.知識・理解
経済、公共管理、法律、観光等の領域における専門的知識を身に付けており、それぞれの分野における諸問題に対して、主体的・自立的に研究に取り組むことができます。また、各専門領域の垣を越えて総合的な学識を修得しています。

2.コミュニケーション能力
経済、公共管理、法律、観光等の領域に関して、高い倫理観や世界の多様な文化・歴史をふまえて相手の考えや意見を理解したり、自分自身の考えや意見を論理的に説明したりする能力を身に付けています。また、それぞれの分野における専門知識の習得ならびに研究論文の作成に必要な日本語や外国語の能力を身に付けています。

3.課題解決力
経済、公共管理、法律、観光等の領域における専門的知識をふまえて、それぞれの専門分野の課題を発見し、その解決に必要な情報を収集・分析・整理し、その課題を確実に解決できる能力を身に付けています。また、専門的知識を活用・応用して、関連する学際的分野の諸課題を発見し、対応する能力を身に付けています。

4.論理的思考力
経済、公共管理、法律、観光等のそれぞれの専門分野において、情報や知識を複眼的、論理的に分析し、的確に表現できる能力、独創的・創造的な研究論文作成能力を身に付けています。

■企業経営専攻
1.知識・理解
経営学等の領域における専門的知識を身に付けており、それぞれの分野における諸問題に対して、主体的・自立的に研究に取り組むことができます。また、各専門領域の垣を越えて総合的な学識を修得しています。

2.コミュニケーション能力
経営学等の領域に関して、高い倫理観や世界の多様な文化・歴史をふまえて相手の考えや意見を理解したり、自分自身の考えや意見を論理的に説明したりする能力を身に付けています。また、それぞれの分野における専門知識の習得ならびに研究論文の作成に必要な日本語や外国語の能力を身に付けています。

3.課題解決力
経営学等の領域における専門的知識をふまえて、それぞれの専門分野の課題を発見し、その解決に必要な情報を収集・分析・整理し、その課題を確実に解決できる能力を身に付けています。また、専門的知識を活用・応用して、関連する学際的分野の諸課題を発見し、対応する能力を身に付けています。

4.論理的思考力
経営学等のそれぞれの専門分野において、情報や知識を複眼的、論理的に分析し、的確に表現できる能力、独創的・創造的な研究論文作成能力を身に付けています。


経済学部ではTwitterやFacebook等のSNSを運用していません。
学部からの連絡は、必ず当ホームページや学内の掲示を確認して判断してください。

ディプロマ・ポリシー
カリキュラム・ポリシー
アドミッション・ポリシー




・17/12/12:中間報告


経済学部は皆さんの活動を支援します!
-学生支援助成-

トピックス
はじめまして。この度、経済学科に着任しました米岡秀眞です。
2018年3月まで、県庁の地方公務員をしておりました。
それ以前は、国家公務員として、国の地域機関にも...>>つづき
職業会計人コース便り
平成30年6月22日に公認会計士・監査審査会より平成30年公認会計士試験第2回短答式試験(5/27実施)の合格発表があり、4年生2名、3年生4名、2年生1名が合格しました。合格率18.2%(願書提出者数8,793名、答案提出...>>つづき
経済学部・経済学研究科

企業・卒業生の方へ

社団法人鳳陽会(同窓会)

図書館
メディア基盤センター
埋蔵文化財資料館
(C)2011 Faculty of Economics,Yamaguchi University.All Rights Reserved.