山口大学経済学部・大学院経済学研究科

山口大学
トピックス

TOPICS2018.05.31

新任教員紹介

 はじめまして。この度、経済学科に着任しました米岡秀眞です。
 2018年3月まで、県庁の地方公務員をしておりました。
それ以前は、国家公務員として、国の地域機関にも勤めていた経験があります。
 本年度の後期より、学部で「地方財政論」、大学院で「地方財政研究」を担当します。
 地方自治体を主な対象として、計量的な実証研究を行っております。
 特に、地方自治体の人件費問題に主要な関心があります。
 最近では、公務員による汚職や不祥事がなぜ発生し、それをどのように抑止していけばよいのか、ということにまで関心を広げております。
 皆さんの中にも、公務員になりたい、と考えている人が少なからずいることかと思います。公務員試験は、数年単位で計画的に取り組んでいかなければならず、根気の要るものです。
 困っていることがありましたら、私の授業をとる、とらないにかかわらず、相談に来てください。少しでもお役に立てればと思います。(経済学科・米岡)

TOPICS2018.05.16

平成30年度上田鳳陽賞授与式

 5月10日(木),経済学部「東亜経済研究所」2階にて、平成30年度上田鳳陽賞の表彰式が行われ,9名の学生が表彰されました。
 兵藤学部長より「年間学業優秀者として表彰される事はたいへん名誉ある事です。受賞者の中には年間GPAが4.0の方もいて、その努力は相当なものだったと思います。ぜひ胸を張って自慢してください。山口大学創基200周年の伝統とその重みを自覚し、ますます経済学部を盛り上げていきましょう。また来年この場でお会いできる事を楽しみにしています。」と挨拶がありました。
 経済学部では,各学年・各学科(課程)から年間GPAの最も高い学生へ学部長表彰である「上田鳳陽賞」を授与しています。
また,4月に副学長表彰(TOEIC高得点取得)を受けた学生に対し,その栄誉を讃え,経済学部から副賞が授与されました。
 表彰式後に写真撮影を行った「商品資料館」は、経済学部が亀山の東麓(現在の県立美術館位置)にあった頃の校舎を模して建てられたものです。(経済学部)

TOPICS2018.05.08

新任教員紹介

 4月に経済学部に着任しました西尾です。
 以前はニュージーランドのワイカト大学マネジメントスクール(経営学部)で仕事をしていました。
山口に暮らすのははじめてですが、自然豊かで温泉もありのんびりしていて私が住んでいたハミルトンと町の規模と雰囲気は似ていて暮らしやすくとても気に入っています。

 研究はスポーツとツーリズムを幅広く取り扱っており、おもにマーケティングを使った分析ですが、計量経済学やファイナンスなどの手法も取り入れることもあります。これまでの調査パートナーも地方自治体、旅行会社やスポーツ団体、政府省庁まで多岐にわたっています。分野の垣根を作らず先入観を持たず関心のあるテーマに取り組んでいます。

 維新150年と記念すべき年に歴史の町長州藩のあった山口に赴任してきたのも何かの縁です。
幕末の志士に学び"Think Globally, Act Locally"で日本のスポーツと観光の発展に貢献できるよう頑張りたいと思います。(観光政策学科・西尾)

TOPICS2018.04.24

新任教員紹介

 はじめまして。このたび経営学科に着任しました、兒玉州平です。「経営史」・「日本経営史」を担当します。おもに、戦間期(1920年代~1930年代)日本企業の植民地進出について研究しています。
 「経営史」は、科目名に「史」という文字が入っていることから分かるように、歴史系科目です。みなさんの中には歴史は高校でこりごり、という方もいるかもしれません。ただ、われわれが考えている以上に、企業をはじめとする多くの経営体は歴史に縛られているものです。企業の強みはもちろんですが、企業のかかえる問題もまた、その企業の歴史に原因があることも多いのです。
 私は、歴史が専門ですので、どうしても歴史系科目に過度の肩入れをしてしまいますが、学生のみなさんとは、大学で学ぶ歴史系科目の楽しさを共有できればと考えています。(経営学科・兒玉)

TOPICS2018.04.17

新任教員紹介

 はじめまして。この度、経済学部に着任しました八代拓です。3月までは野村総合研究所というシンクタンクで、アジア諸国の産業政策の調査・立案に従事しておりました。
 私の専門である国際政治史は、「戦争と平和」を主要なテーマとして発展を遂げてきた学問です。幾度もの凄惨な戦争を経験した国際社会は、どのように平和の形成・維持に向けて努力をしてきたのでしょうか。そして、その国際社会の中で、日本はどのような役割を果たしてきたのでしょうか。こうした問いに対し、歴史的史料の分析を通じて答えを模索することが私の研究です。学生の皆さんにも、自ら問いを立て、自分で考えて答えを出すことの大切さを伝えていきたいと思います。
 さて、この地に住むのは初めてですが、埼玉の里山で生まれ育った私にとって、緑豊かな山口は心安らぐものがあります。また三方を海に囲まれ、内陸部に多くの渓流を抱えていることは、釣り好きの私にとって大変な魅力です。
皆さんとともに学べることを楽しみにしています。(経済学科・八代)