山口大学経済学部・大学院経済学研究科

山口大学
English / Japanese
観光政策学科概要
学科・教員紹介へ戻る

観光政策学科

 今、観光政策が求められています。それも、経済学部教育の成果を基礎にした実践的な応用政策として。この学科は、「旅」という人の社会的行動を経済学で科学することに挑む意欲的な教育研究のねらいから生まれました。
 観光は私企業のレベルを超えて、国・地域のレベルで裾野の広い社会的効果をもたらします。国際親善や地域住民の厚生といった公益的な効果、国民経済や地域経済の発展という経済的な効果、自然や社会の環境を保つ環境効果などがそうです。これほど重要なのに、観光政策の教育は世界でも緒についたばかりの若く、今急速に発展している分野です。観光客・観光産業・観光資源の3者の関係を体験的に理解し、検証に耐える企画立案の能力を培うとともに、地域と世界とが直結した現実の中で人間としての総合力を「観光力」として身につけるため、「観光経済分析コース」と「観光コミュニケーションコース」を設けています。そして新たに、外国語を通して国際的時事問題を考える問題解決型の「実践型グローバル人材プログラム」を開設します。
 卒業後は、世界を視野に入れた観光産業、金融業、行政分野など政府の「観光立国」を担う観光領域のリーダーへの道とともに、この学科で鍛える経済分析の応用企画力、磨き上げる人間性・社会性を武器にすれば、どんな分野からも求められ、また、どこにいても自分が求める活躍の場が自ずと開けることでしょう。