山口大学経済学部・大学院経済学研究科

山口大学
English / Japanese
観光経済分析コース
学科・教員紹介へ戻る

観光経済分析コース(観光政策学科)

  観光活動は観光を行なう主体の観光客とその対象(客体)としての観光資源との相互の作用・反作用関係と言うことができます。この観光活動を営利目的で商品化し増大させるのが観光媒体としての観光産業で、それなくして観光経済も観光経済分析も 存在しません。
  観光活動の促進の担い手としての観光産業は、観光客数の増大や観光商品の値動きだけでなく、他の産業以上に政治・経済・国際情勢や社会・環境問題などにも気を配らなければ利益を得ることができません。観光商品の構成要素として、観光施設や観光サービスとともに観光資源があるからです。観光経済には、そうした個別企業レベルの経済・経営(ミクロ経済)だけでなく、観光消費の経済波及効果による地域経済や国民経済の所得・拡大再生産(マクロ経済)もあります。経済が発達すればするほど、少子高齢化、生産労働人口の減少、産業の空洞化、自給率の低下、そして地域間の所得格差などの問題が顕著となり、観光により先進的地域からどれだけの所得移転があり、どれほど地域格差の是正や産業構造の高度化に貢献できるかなど、観光のマクロ経済分析に大きな関心が寄せられることになります。
  観光経済分析コースでは、観光経済を質だけでなく量の側面からも把握し、現実の観光政策や観光マネジメント両面に活かす上での、国際標準の政策立案能力や観光産業企画力を培います。観光経済分析コースの必須科目として、観光経済分野では観光政策概論、観光経済学、観光ビジネス分野では観光産業総論、観光と環境分野では環境経済学が、基礎的あるいは応用科目として観光統計学、観光政策評価論、観光管理会計、交通産業論、ヘルスツーリズム論、旅行契約と約款、エコ・ツーリズム論、観光地理学などが挙げられます。その他、コミュニケーションコースの必須科目の観光コミュニケーションと異文化コミュニケーション論も必須科目として指定されています。